オンカジはエコペイズが便利!入出金手数料や入出金方法を徹底解説

エコペイズの入出金手数料、入出金方法オンカジの入金と出金

この記事ではオンラインカジノで利用できる電子ウォレット、エコペイズ(ecoPayz)の入出金手数料、入出金方法について解説をしています。
オンカジでエコペイズの利用を考えている人は参考にしていただければと思います。

オンカジの入金不要ボーナス60連発!

・オンカジの入金不要ボーナス最新情報
・入金不要ボーナスの出金条件一覧
・入金不要ボーナスだけで出金できる上限

オンカジ入金不要ボーナスの知りたい情報が一気に分かるまとめ決定版!

エコペイズ(ecoPayz)とは?

エコペイズ(ecoPayz)はオンラインカジノや海外FXなどで利用できる電子決済サービス(電子ウォレット)です。
オンカジではVenusPointやiWalletなどと同様に、エコペイズを利用できるオンラインカジノはとても多いです。

 

エコペイズ(ecoPayz)でできること

エコペイズの利用イメージはこんな感じです。

オンラインカジノで利用できるエコペイズの使い方

・日本国内の銀行から振込でエコペイズに入金(チャージ)
・カードでらエコペイズに入金(チャージ)
・エコペイズから日本国内の銀行へ出金
・エコペイズからオンラインカジノへ入金
・オンラインカジノからエコペイズへ出金

エコペイズは送金サービスだけでなくウォレットとしても利用できるので、エコペイズへ資金をプールしておくことも可能です。
例えばベラジョンカジノからエコペイズへ出金をして、そのお金を他のオンラインカジノへ入金するということもできます。

 

エコペイズは安全?

エコペイズ(EcoPayz)にはウォレット機能があるため、資金を一定期間預けておくという人も多いです。
そうなるとやはり安全性が気になるところですが、エコペイズはイギリスのFCA(金融行動監視庁)のライセンスを取得しているので安全性は文句なしです。

FCAとは日本の金融庁にあたるイギリス政府の機関で、日本の金融庁のモデルにもなっています。
ライセンスの取得が非常に厳しいFCAの登録があるため、資金が持ち逃げされたりするという心配はありません。

 

エコペイズは日本語サポートにも対応

エコペイズ(ecoPayz)のサイトは完全に日本語化されていて、さらに日本人スタッフによるサポートもあります。
そのため英語ができなくても難なく利用することが可能となります。

 

エコペイズ(ecoPayz)の手数料

エコペイズ(ecoPayz)の手数料について確認していきましょう。
入金手数料と出金手数料、アカウント維持管理料についてそれぞれ解説をしています。

 

オンカジの入金手数料と出金手数料

エコペイズ(ecoPayz)からオンラインカジノへ入金する場合や、オンラインカジノからエコペイズへ出金する際の入出金手数料はオンラインカジノによって様々ですが、ほとんどの場合は入出金手数料は無料となっています。

 

エコペイズへの入金手数料

エコペイズへの入金(チャージ)で利用できる主要な入金方法と入金手数料は以下のとおりです。

入金方法入金手数料
国内銀行送金入金額の5%
カード入金€0.25+入金額の1.69%~6.0%
仮想通貨入金無料

エコペイズ(ecoPayz)へ入金する際の入金手数料は、国内銀行送金やカード入金だとけっこうな手数料がかかってしまいます。

 

エコペイズ(ecoPayz)の出金手数料

エコペイズ(ecoPayz)から日本の銀行へ出金する場合、高速現地送金とローカル出金がありますが、どちらの出金方法でも出金額の1%が出金手数料としてかかります。
また最低出金額は600円程度から可能ですが、最小出金手数料として15ユーロ(2,000円程度)がかかります。

ある程度まとまった金額を出金しないと、出金手数料の負担が大きくなってしまうのでご注意ください。

 

アカウント維持管理料

ecoPayz(エコペイズ)を12か月間利用しない場合、毎月€1.50がアカウント維持管理料として徴収されてしまいます。
長期で利用しない場合はエコペイズから資金を出金しておけば維持管理料は徴収されないので、もうエコペイズを利用しないという人は資金を引き出しておくようにしましょう。

 

エコペイズから出金をする

エコペイズから日本の銀行へ出金する際に発生する出金手数料や、出金にかかる日数、出金方法について確認しておきましょう。

 

エコペイズの出金にかかる時間(日数)と出金手数料

エコペイズ(ecoPayz)から日本の銀行へ出金する場合、出金方法としては高速現地送金とローカル出金のいずれかを選ぶことが出来ます。
出金にかかる日数(時間)と出金手数料は↓のとおりです。

出金方法出金にかかる日数出金手数料
高速現地送金1~5営業日出金額の1%、または15ユーロ
ローカル出金3~5営業日

管理人の場合、いつも高速現地送金を利用していますが、早い時は出金申請の翌日、遅くても翌々日には銀行に着金しているという感じです。
高速現地送金とローカル出金の出金手数料は同じなので、エコペイズ(ecoPayz)の出金は高速現地送金をおすすめします。

 

口座通貨が日本円以外の場合は換金手数料がかかる

エコペイズ(ecoPayz)では日本円以外にも米ドルやユーロなど、さまざま通貨のアカウントを持つことが出来ます。
米ドル口座やユーロ口座から日本円を直接日本の銀行へ出金することができるのですが、この場合は出金手数料とは別に換金手数料(両替手数料)として2.99%の手数料がかかってしまいます。

 

エコペイズから出金をする前の準備

エコペイズ(ecoPayz)にはアカウントランクがあるのですが、日本の銀行へ出金をするにはアカウントランクをシルバーランク以上にする必要があります。

最初はクラシックランクですが、本人確認書類の承認(KYC)が完了すればシルバーランクに格上げされるので、出金前にKYCを完了させておきましょう。

 

エコペイズの出金方法

前述のとおり、エコペイズから日本の銀行へ出金をする時は「高速現地送金」の利用をおすすめします。
初めて出金をする場合は、銀行口座の登録をする必要があるので、「銀行口座の登録」→「出金申請」という流れで確認をしていきましょう。

 

エコペイズに銀行口座を登録する

最初の出金ではまずは銀行口座を登録します。
↓の手順でまずは銀行口座を登録しましょう。

①メニューから「銀行口座とカード」をクリック
②「銀行口座を追加」をクリック

エコペイズから銀行へ出金するには、銀行口座の登録が必要

③送金タイプで「高速現地送金」を選択
④「アカウントを追加」をクリック

エコペイズの出金(銀行口座の登録)

利用規約に同意をすると、銀行情報を入力する画面が表示されます。
必要事項を入力して「アカウントを追加」をクリックすれば、銀行口座の登録が完了します。

エコペイズの出金方法(銀行口座の登録)

 

エコペイズの出金申請

銀行口座の登録が完了したら、↓の手順で出金申請をします。

①出金したい口座の「送金」をクリック

エコペイズの出金方法(出金のやり方)

②「入金先」に出金したい口座が表示されているかを確認
※口座を切り替えたい場合はプルダウンから切り替えができます。
③「銀行口座」というタブをクリック
④出金したい金額を入力

エコペイズの出金申請方法

⑤出金先で利用したい銀行口座をクリックすると、受取人名や手数料が表示されるので、確認をします。
※受取人名は英語表記されていますが問題ありません。
⑥利用事項に✔を入れる
⑦「続行」をクリックすれば、出金申請が完了します。

エコペイズの出金申請

これでエコペイズの出金申請が完了しますが、この時点では出金申請は保留の状態です。
管理人の経験上、出金申請から銀行口座への着金までは1日~4日ほどかかります。
出金の金額やエコペイズでの取引内容によって、出金にかかる日数は異なるようです。

 

エコペイズの両替

エコペイズでは円だけでなく、ドルやユーロなどの口座を保有することが可能です。
そしてアカウント内で通貨の両替をすることもできるので、両替方法や手数料について確認しておきましょう。

 

エコペイズの両替方法

エコペイズで複数の通貨で口座を保有している場合、簡単な手順で両替をすることができます。
ユーロから日本円へ両替する手順を例に両替方法を解説していますので参考にしてください。

①両替したい通貨の「送金」をクリックします。

エコペイズの両替方法

②「アカウント間」をクリック
③両替したい金額を入力
④両替したい通貨のウォレットを選択
⑤「続行」をクリック

エコペイズの両替(換金)方法

⑥アカウントは両替前の通貨、宛先は両替後の通貨、加算される金額は両替後に反映される金額なので確認をします。
⑦「確認」をクリックすると、すぐに両替後の金額がアカウントに反映されます。

エコペイズの両替

なお、ここには手数料が0となっていますが、両替のレートがかなりの隠れコストになります。
↑の例でいうと、この時の為替レートが132.50円でしたが、エコペイズの交換レートは128.74円ほどなので、1ユーロあたり4円近い手数料がかかっていることになります。

エコペイズは外貨を日本円で出金する場合でも2.99%の換金手数料がかかってしまうので、両替に関しては手数料が割高になることにご注意ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました